構造設計のシステム

  1. お客様から構造設計の依頼を受け、私どもが、構造図を書くためのスケッチ、および資料をFAX等で提出いたします。 その時点で請求書をお出しいたしますので、構造設計料の半金を指定の口座へお振り込みをお願いします。
  2. お振り込みをいただいた後、構造計算書を送付させていただきます。残金は確認申請の許可後にお支払い下さい。
  3. 設計変更につきましては、計算書の作成中であれば、多少の変更はつきものとして、無料で処理させていただきます。 ただし、大きな変更の場合や計算書のアップ後の場合は、実費ご請求させていただきます。
  4. 構造図を一緒にご依頼される場合は、私どもが構造図を提出した時点で請求書をお出しいたしますので、 構造設計料の半金を指定の口座へお振り込みをお願いします。以下の流れは同じです。
  5. 当方名古屋市近郊に事務所を構えておりまして、遠方からのご依頼の場合、確認機関への書類提出等をお客様にお願いすることになるかと思います。 確認機関の構造指摘事項につきましては、電話及びメール等で当方で全て対応し訂正書類を当方で用意いたしますが、提出の際には前記のようにご協力をお願いいたします。 以上のことをお含み置きの上、よろしくお願いしたいと思います。
  6. 構造計算は、SS7等(ユニオンシステム社)及び、自社プログラムにて作成致します。計算書は全てPDFファイルにて、 構造図はCADデータを、いずれもメールにてお送りしますので、受け取られましたらプリンターでの出力をお願い致します。